renew Memo

常に学び続けることをモットーに。学びのアウトプット・発信ブログ

習慣を身につけるシンプルな方法とは?意識して準備することがヒント!?

f:id:shuM:20220403130821j:plain


習慣を身につけていれば多くのメリットがあります。

 

  • 生活習慣が整う。
  • 時間管理ができるようになる。
  • 決められた時間の中で集中してタスクに取り組める。

 

上記のもの以外でも様々なメリットがありますが、習慣化するクセがついていると、日常生活や職場においてより良い効果をもたらしてくれます。

 

しかし、習慣化したいことがあっても、なかなか継続できずに三日坊主で終わってしまうこともよくあることです。

 

私自身も、「今日から筋トレを始めて夏までにはナイスバディになるぞ」と意気込んでおきながら最初は勢いがあったものの、2,3日経ったらサボり始めていました…。

 

そのような私でしたが、今では「毎朝起きたらすぐに筋トレを始めることで一日をスタートさせる」ということが習慣になっています。

 

それに加えて、一日の終わり(だいたい23時)に「家計簿をつけること」や「明日の予定を確認すること」も習慣にすることができるようになりました。

 

そこで今回は、習慣を身につける方法について、私が実践している方法を交えながら、話していこうと思います。

 

 

意識するからこそ習慣が身につく

f:id:shuM:20220403131036j:plain


結論から言うと、意識するから習慣が身についていきます。つまりは、「意識を働かせて変化を起こし継続していく」のです。

 

悪い習慣は無意識に作られる

不思議なことに、悪い習慣というのは無意識的に行ってしまいがちです。

 

  • 夜更かししてしまう。
  • 長時間スマホをいじる。
  • バランスの偏った食生活。
  • なにかとコンビニ立ち寄る。

 

他にもあると思いますが、なぜかこういったものは意識せずに行動に起こしてしまいます。

 

私は先日、Twitterを開いて「面白いものないな~」と思ってTwitterを閉じたのですが、瞬間的に再度Twitterのアイコンを押したということがありました。このときは自分自身にガックリしましたね。

 

悪い習慣になりやすいものの特徴として、「自分自身に負荷がかからず楽ができるもの」や、「つい無意識にクセになるもの」などがあげられるでしょう。

 

これらの悪い習慣を意識的に変えていくことで、改善していく必要があります。

 

意識して変化を起こす

逆によい習慣というものにはどんなものが挙げられるでしょうか?

 

  • 決められた時間に筋トレをする
  • 毎日の支出を家計簿に記入する
  • バランスを考えて食事をする

 

私なりのよい習慣を考えましたが、どれも意識をしないと行動に起こせないものになります。

 

具体的には、もしあなたが筋トレをするならば、「いつやるのか」、「どれくらい量をこなすのか」、「それをするのに何分(何時間)確保すればよいのか」など、細かく考える必要があるでしょう。

 

「時間があるから今やろう~」という感覚でやり始めても、長続きしません。そもそも人間は楽な方を選択する癖があるので、「今やろう」という気持ちになりづらいものです。

 

ですので、自ら意識して、「いつやるのか」、「どのくらいやるのか」などを明確にして行動していくが大切です。

 

そうしているうちに、無意識にやっているようになり習慣づけることができるでしょう!

 

習慣を変えるスキルがつけば、未来の人生にも変化が現われるでしょう。

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]

価格:1,650円
(2022/4/3 20:29時点)
感想(2件)

上記の書籍では、習慣を身につける上で大切な基本を教えてくれます。それに加えて、人生を豊かにするのに必要な考え方や視点の持ち方も学ぶことができます。

各見出しでエクササイズが書かれているので、やりながら読み進めていくのも面白いです。

偉人の名言が時々出てくるのですが、各見出しの内容をまとめた名言が載っていたので「なるほど」と思えるものが多かったのが印象的でした。

色々な人の考え方に触れることで自分の人生が豊かになることもあるでしょう。上に載せた書籍から学んでみるのもありだと思います!

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]

価格:1,650円
(2022/4/3 20:29時点)
感想(2件)

習慣を身につける方法

f:id:shuM:20220403131001j:plain


ここから、習慣を身につける方法について話していきます。大まかな流れは以下の通りです。

 

  1. 無駄に気づき、なくす。
  2. 「なんのためにやるのか」を考え、やるべきことを洗い出す。
  3. スケジュールを立てる。
  4. 行動する!

 

上記の通りになります。一つずつ説明していきますね!

 

無駄に気づき、そしてなくす

まず、はじめにやることとしては、「無駄に気づく」ということです。これが大前提になります。

 

1日のうちにどれだけの時間を無駄にしているかを洗い出してみましょう。

 

たとえ30分や1時間でも、その無駄になっている時間が1週間継続して発生しているなら、3.5時間、7時間となります。

 

3.5時間もあれば、難しさにもよりますが課題1つはできそうです。7時間もあれば新しいことを勉強したりスキルアップしたりするなど、自己投資の時間にもあてられます。

 

個人差もあると思いますが、書籍も1、2冊ぐらいは読めそうです。

 

無駄な時間をぜひ探してみて下さい。どこかで時間を無駄にしているはずです。

 

時間は皆、平等に与えられています。時間をうまく活用している人こそが成功を引き寄せられる人だと思います。

 

無駄に時間を奪われるな!ぜひ心がけてみて下さい。

 

以上のことを行ったら、次からは、その「無駄になっていた時間」を習慣化させたいことにあてていきます!

 

なぜそれを習慣にしたいのか?

習慣化させることを考えていく前に大切なことがあります。

 

それは、「なぜそれを習慣化させたいのか」ということを明確するということです。

 

ただ闇雲に「これをやる時間にしよう」と決めても、「なんのためにやっているんだっけ?」と思ってしまったら、目的意識がなくサボり始めていくでしょう。

 

目的意識を明確に持っていると、モチベーションが下がった際に「なんのためにやっていたんだっけ?」と思い出すことができます。

 

  • 「筋トレをする」→健康維持のため!
  • 「プログラミングの勉強をする」→副業で稼ぐため/スキルを磨いて転職するため
  • 「資格の勉強をする」→実務で活かし給料up/自分の生活に活かすため

 

人によって習慣化させるものは様々ですが、目的が明確になっていれば継続させやすくなります!

 

スケジュールを立てる

目的をそれぞれ明確にできたら、実際にスケジュールを立てていきます。

 

私が実践してることとしては、「Googleカレンダー」を使って一日のスケジュールを立て、習慣化させています。

 

「Googleカレンダー」でなくても、スマホのカレンダー機能を使って予定を入れていくのでもよいと思います。

 

今や、1日のうちにスマホを見る回数は数えきれないほど見ているはずです。これも一種の癖や習慣になっているのでしょう。

 

そこをうまく利用して、スマホに1日のスケジュールを視覚化しておき、いつでもチェックできるようにしておくのです。

 

下に載せた画像は実際の私のスマホ(Android)のホーム画面です。

 

f:id:shuM:20220224212232p:plain

スマホのウィジェット機能を使ってホーム画面に予定をいつでも確認できるように常に表示させています。(画像はGoogleカレンダーのウィジェットです。)

 

「やること」と、それを終えられる「時間」をセットで表示しておくと、分かりやすく行動に起こしやすいです。

 

ここで注意点なのですが、設定した時間で完結するようにスケジュールを立てるということです。

 

例えば、「仕事をする」という項目をつけたとしましょう。

 

「仕事をする」の中には、「通勤する時間」、「退勤して家につくまでの時間」も含まれますね。

 

このような「通勤する時間」、「退勤して家につくまでの時間」なども加味した時間を設定していくことが大切になります。

 

1つの行動をより詳細にして、時間設定していくと良いでしょう!

 

習慣化するやり方は人によって違うと思いますが、基本的な考え方は似ていると思います。

習慣が10割 [ 吉井雅之 ]

価格:1,540円
(2022/4/3 21:57時点)
感想(1件)

上記の書籍では、どのようにしたら習慣化しやすくなるのかについて、考え方やそのノウハウが学べるものになっています。

 

今の自分は「過去の習慣」でできている

 

引用元:吉井雅之「習慣が10割」すばる舎,2018年,14ページ 

この言葉には心を打たれ、今までの自分を見直し、これからどうしていくべきなのかを再確認するきっかけを与えられました。

この書籍を読んでから、習慣化することに果敢に挑戦することが増えたと感じています。

習慣が10割 [ 吉井雅之 ]

価格:1,540円
(2022/4/3 21:57時点)
感想(1件)

 

行動する

f:id:shuM:20220403131905j:plain


最後は、もちろん「行動する」ということです。習慣についての書籍に限らず、様々な分野で必ず出てくるワードです。結局はこれなのです。

 

スケジュールを立てた自分に満足してはいけません。考えることは簡単でも、行動に起こすことは難しいです。

 

考えることはするけど、行動に起こすことを後回しにする人は少なくないと思います。

 

最初の方にも述べましたが、人間は楽をしようとします。

 

自分の脳みそに「喝」を入れて、行動に移していきましょう!

まとめ

今回は習慣を身につける方法について話していきました。

 

こうして考えてみると、行動に起こす前の準備段階がとても大事なのが分かりますね。

 

  1. 無駄に気づき、なくす。
  2. 「なんのためにやるのか」を考えやるべきことを洗い出す。
  3. スケジュールを立てる。
  4. 行動する!

 

上記の通り、私が普段行っている習慣化の方法を紹介しました。

 

これらを意識してより良い習慣を手に入れましょう!

 

ぜひ参考までに!

 

本記事で紹介した書籍

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]

価格:1,650円
(2022/4/3 20:29時点)
感想(2件)

習慣化の基本が書かれている初心者向けな書籍です。時折出てくるエクササイズを実行してみたり、偉人の名言を読んでみたりしてみてください。自分自身の見方・考え方が広がると思います。

 

習慣が10割 [ 吉井雅之 ]

価格:1,540円
(2022/4/3 21:57時点)
感想(1件)

三日坊主で終わってしまう人におすすめです。三日坊主でさえプラスに考えてしまう習慣化のノウハウ・考え方が書かれています。参考までに!